費用を決める

建築家になる

報酬の決め方と建築士に求められること

一般的に設計事務所の報酬というのは設計(建築)される住宅の費用や大きさによって決められています。施工坪数×単価というように料金が設定されている場合もあれば、建築費用の何割といったように決められている場合もあります。ですから設計事務所からすると施工坪数を大きくしたり建築費用をかけることで自社の報酬も大きくなります。とはいえ施主にはあらかじめ予算があります。こうした予算を大幅に超えた住宅を建築することは返済面を考えても出来ることではありません。設計事務所ではこうした予算の聞き取りを行ったうえで最大限魅力のある住宅を建築することが求められているのです。一般的に施主は予算の2倍近い要望をもって家づくりを開始するといわれています。当初の要望をすべて実現すれば予算の2倍の費用が掛かるということです。この要望に優先順位をつけより大きな満足感が得られたうえで予算内に収めるということが求められているのです。

なぜ設計事務所で住宅をデザインするのかを明確に

なぜハウスメーカーや工務店ではなく設計事務所を選択したのですか。この質問にきちんと答えられる人は設計事務所のメリットを理解して選択しているので問題はありません。なんとなく、ハウスメーカーなどでは思い通りの間取りやこだわった間取りが実現できないと思って設計事務所を選択した人は設計事務所についてよく知る必要があります。確かにハウスメーカーなどにはその会社独自の制約がありどんな間取りでも建築できるわけではありません。だからといってどの設計事務所でも自由な間取りが設計できるわけではありません。設計事務所独自の制約というのはなくても使用する材料によっては空間に限りもありますし強度など法律を満たすことも求められるのです。更に設計事務所といっても事務所ごとのこだわりや得意としているで残などもあるためどの事務所があっているのかを判断しなければならないのです。